[QPR Software 2011.12.23] Gartner、QPRをBPAツールチャレンジャーとして評価

以下は2011年12月23日付QPR Software社プレスリリースのサマリーです。

Gartnerは、QPR ソフトウェアをBPAツールマーケットのチャレンジャーとして評価しました

世界をリードするIT調査及びアドバイザリーサービス会社であるGartner社は、最新のMagic Quadrant for Business Process Analysis Tools(2011年12月12日)において、QPR Software社をチャレンジャーとしてリストアップしています。Gartnerは、QPR Software社について、パフォーマンス、プロセス、プロジェクトマネジメントと統合された、コーポレート・ガバナンス・リスク&コンプライアンス(GRC)に関連したビジネスプロセス分析(BPA)に重点を置いたベンダーと記述しています。

「Gartnerの評価は、当社の製品であるQPR Suiteが、ビジネスプロセス管理とパフォーマンス管理を有し、これにより、戦略とプロセスの整合性を簡単にとることできることが正しい選択であったことを示してくれました。彼らはまた、私たちの新製品である、自動ビジネスプロセスディスカバリー(ABPD)ソフトウェア ”QPR ProcessAnalyzer” のビジネス機会について、またMicrosoftをプラットフォームとして選択し、Microsoft OfficeとSharePointの統合に特化することのベネフィットについても認識しています。こうしたの判断とともに、サブスクリプション価格の設定は、お客様からも多くの信用を得ることができました」とQPR Software社 製品・技術担当バイスプレジデントのSami Tahtinen氏は述べています。

Gartnerは、ビジネスプロセス分析(BPA)ツール市場は、過去2年間に13%〜15%平均で一貫した成長を続けていると推計しています。新製品のライセンスと保守収益は、2011年に4.4億米ドルと推定されています。さらに、BPAのユーザー数はBPA市場の売上高よりもはるかに速いペースで成長すると予想されており、BPAのコンサルティングサービスを販売する機会は非常に大きな余地があります。

「当社には、多くのクロスプロダクト販売のチャンスが開かれています。当社の新製品QPR Suite2012は、プロセス、パフォーマンス管理とエンタープライズアーキテクチャ等のすべての要素に対する強力なツールとサポートを、こうした業務の改善を願うお客様に提供します。」 Sami Tahtinenは結論付けています。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ