Tecwill社 (フィンランド)

QPR ProcessGuideとともに、家族経営ビジネスから、国際的サービス提供する企業に成長

Tecwillのプロセス改善事業の目的は、品質を改善し、ベストプラクティスを促進し、社内コミュニケーションを強化することです。
使用ソフトウェア:QPR ProcessGuide
使用したサービス:QPR プロセスマネジメント

Tecwill社ケーススタディ

画像をクリックするとオリジナルファイル(英語)を表示します

フレームワークコンクリート製造ソリューションプロバイダーであるTecwillは、メーカーからサービス会社に自分自身を変革しています。QPR ProcessGuideとQPR Software社コンサルタントの支援を得て、Tecwillはすべてのコアプロセスをそのサービスビジネスで必要とされるレベルに更新しました。
Tecwill社は、コンクリートミキシングプラントや制御システムなど、信頼性の高い現代的コンクリート製品製造ソリューションを世界中に提供しています。同社はフィンランドに本社を置いています。

“明確なプロセスのおかげで私たちの業務品質は高まり、お客様の満足度は向上し、スタッフがより意欲的になりました。”
-Timo Ryhänen Deputy Managing Director, Tecwill Ltd

メーカーから世界市場におけるサービス会社へ

コンクリート製造ソリューションを提供する家族経営会社であるTecwillは、フィンランドのサクセスストーリーです。同社の売上高の80パーセントは、主として北欧とバルト諸国、さらに、ロシアやポーランドへの輸出が占めています。さらに、Tecwillは100年を超えた生産設備の建て替えに、150ものコンクリートミキシングステーションを提供してきました。
コンクリートミキシングステーションを利用している企業は自社のコアビジネスへの集中を高めているため、修理、メンテナンス、およびトレーニングの需要は増加しています。すでにTecwillの売上高の5分の1はサービスが占めています。

“近年、お客様からは、コンクリートミキシングステーションにはサービスがバンドルされていることを要求されています”

ビジネスの変化によってプロセスにひずみが発生

サービスに対する需要が大きくなるにつれ、Tecwillは従来のメーカーとしてのプロセスが、サービスを提供するためには完全に適していないということに気づきました。プロセスが最後に更新されてから6年が経過していたので、再検討を行うべき時期でもありました。
2010年度の初めに、Tecwillはすべてのコアプロセスの更新を決定しました。
適切なプロセスモデリングツールを選択することがプロジェクトの重要な一部になりました。

“プロセスは、Microsoft Visioを使用して描かれており、このため更新作業は非常に面倒なものとなっていました”

Tecwillは、ドキュメントの多言語対応とバージョン管理が可能で、効率的かつ使いやすいプロセスモデリングツールを必要としていました。
Tecwilは、そのコンタクトネットワークを通じて、推奨ツールを探し、QPR ProcessGuideが浮上しました。
何度かの打ち合わせと入札を経て、Tecwillは、QPR ProcessGuideとQPR Software社が提供するコンサルティングの両方を利用することを決めました。

 

プロセスマネジメント・フレームワークを利用してクイックスタート

モデリング作業を開始する前に、QPRのコンサルタントは、Tecwillと共同でプロセスマネジメント・フレームワークを定義しました。プロセスをモデル化するための統一的な方法も決定されました。この良好な下準備は、Tecwillのプロセスへの取り組みを助けてくれました。

“プロセスモデリング作業はスムーズで、無関係な仕事で無駄になった時間はありませんでした。私は、皆さんにQPRプロフェッショナルサービスの利用をお勧めします。”

QPRによって提供されるトレーニング、そしてコンサルタントは、プロジェクト期間を短縮しました。

“私たちは、すべて自分自身を実行するよりも早くスタートを切ることができました”

 

スタッフが重要な役割を果たした

Tecwillのプロセス開発は、企業全体に及びました。すべてのコアプロセスを調査するため、経営陣からスタッフまで全員が参加しました。
仕事はチームで行われ、プロセスは一回に一部分を作業しました。プロセスに関与する全員が議論に参加しました。開発作業に、発言権を持つことができたことが、こうした肯定的な反応を得ることができた要因です。

“関与した全員が、これが必要かつ役に立つ作業であると理解しました”

参加した全員にとって、プロセスとの関わりが、会社とプロセスに対する理解を高める素晴らしい機会となりました。

“1つのテーブルに座って、一緒にプロセスを記述するとき、「気づき」の瞬間に近づいていくのです。”

 

コミュニケーションを通じてさらなる結果を

効率性の向上は、すでにTecwillのサービスにあらわれています。サービスの提供には、多くの人々がさまざまな段階で関与しています。プロセスと役割(ロール)の説明は、タスクを明確する上での大きな助けとなりました。

“専門化した各組織間のコミュニケーションと相互作用は現在、良好に機能しています。これにより、エンドユーザーはサービスが改善されたことを実感しています。”

コミュニケーションは、また、コンクリートミキシングステーションの提供における改善にもはっきりとあらわれました。プロセスの説明が明確になったことで、Tecwillは、パートナーに納品段階の見込みを伝えることが簡単になりました。

“国際的な営業を行う会社にとって、プロセス文書の多言語バージョンを簡単に作ることができるのは大きなメリットです。”

 

競争上の優位性、顧客満足、スタッフのモチベーション

コミュニケーションの強化に加えて、QPR ProcessGuideは、競争上の優位性を持った小さな会社を実現しています。

“私たちは、プロセスの一部に改善を思い付いたら、プロセス記述を簡単かつ迅速に更新できるべきです。新しいプロセスが迅速に導入され、会社は俊敏となり、会社が自分自身をリニューアルすることが可能になります。”

Ryhänen氏は、プロセスに対する取り組みを会社全体が新鮮な空気を呼吸するようにとらえています。

“プロジェクトは、すべての分野でのアクティビティを刺激し、向上させます。業務プロセスの品質向上が明確になったおかげで、顧客の満足度はさらに向上し、私たちスタッフのモチベーションも向上しました。”

Ryhänen氏は、プロセス作業の利点を説明しています。

 

KPIを含めたプロセス開発のサポート

Tecwillのプロセス開発プロジェクトは、単発のものではありません。同社はすでに、プロセスの継続的改善をサポートするKPI(主要業績評価指標)を策定し、導入する計画を持っています。

注: 本文中、QPR ProcessGuideはQPR ProcessDesignerの旧称です。

カテゴリー: 導入事例   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>